こんなのぼりもあるんですね。

by ,

お店の看板や、のれん、のぼりってあるのとないのとでは、全然華やかさが違いますね。

特にのぼり旗に関しては、それがあるだけで、そのお店がどういう店なのかが一目瞭然ですから、アピールには欠かせないアイテムだと思います。

ネックなのはやはり風にあおられてのぼり用ポールが破損したり、ボロボロになったりすること。

基本的にのぼり旗は消耗品と考えた方が良さそうです。

けれども最近は激安制作を行うのぼり屋も増えてきていますから、のぼりの新調も、昔に比べてだいぶ手軽になったのではないでしょうか。

それとデザインも豊富になってきましたよね。

イラストレーターやフォトショップなどのデザインデータを受けつけたり、漠然としたイメージ画でも、デザイン画を描き起こしてくれたり、よりオリジナリティのある幟旗が簡単に作れるようになりました。

サイズも実に豊富で、狭小地のお店や、ポールを立てる場所がないってお店でも、ニーズに合ったサイズののぼりが作れそうです。

逆にもっと目立たせたい場合なんかは一回り二回り大きめのサイズを頼んだり、タペストリータイプにしたりするのも良さそうですね。

棒袋使用は、のぼり用ポールがむき出しにならず、ちょっと高級感が感じられます。

のぼりを立てたいけど、安っぽくなるのが嫌なオーナーに人気急増中なのだそうです。

ラグジュアリー感もあるし、ポール部分も含めたデザインが出来るので、よりのぼりが大きく感じられますね。